November 03, 2021

English | 日本語

Debian Bullseye の GUI をセットアップ (Japanese)

Debian Bullseye の GUI セットアップ方法メモ

なお、Linux では可能な限り root ではログインせず必要な時だけ sudo コマンドを使うというのがセオリーだ。 root でログインすると作業ミスや予期せぬトラブルで最悪の場合 OS を起動できなくしてしまうからだ。

代表的な例として、ディスクスペースを使い果たしてしまう事が上げられる。 多くの場合、通常ユーザーではディスクを 100 % 使い切る事は出来ない設定になっている。

状況にもよるが通常ユーザーで作業する限りは 作業ログが肥大化したり、誤ってファイルに無限ループで書き込むミスをしたとしても ディスクを 100 % 使い切る前にエラーになって止まる事が多い。

その場合ディスクスペースを空ける事でリカバリーが可能だろう。

しかし root で作業するとそのような安全装置は働かない。 ディスクスペースを使い果たすと OS が動かなくなり、再起動も出来なくなる可能性が有る。

このようなセオリーは知っているが、それでも私は初期設定だけは最初に root でログインして行っている。 初期設定とは具体的にはネットワーク関連とホスト名の設定、sudo コマンドの設定の事だ。

逆に通常ユーザーと sudo コマンドで作業すると、設定ミスを犯した時に再度 root 権限を持つ事が出来ずに リカバリーが効かなくなる事がある。

visudo コマンドを使う等この段階のミスを防ぐ方法も有るのだが、それはそれで面倒だ。 この段階では最悪 OS を再インストールしてやり直せば良いので問題は大きくない。

なので自分は最初だけは root で作業する。

初期設定 (root で作業)

  1. 最小構成でインストール

  2. パッケージのアップデート

    # apt update
    # apt upgrade
    
  3. Virtual Box の場合、Guest Additions をインストール (省略可)

    1. Virtual Box の “デバイス” メニューから “Guest Additions CD イメージの挿入” を選択

    2. Guest Additions イメージをマウント

      # mount /media/cdrom0
      
    3. build dependencies のインストール

      # apt install linux-headers-amd64 make perl gcc bzip2
      
    4. Guest Additions のビルド、インストール

      # sh /media/cdrom0/VBoxLinuxAdditions.run
      
    5. イメージを unmount して OS 再起動

      # eject
      # reboot
      
  4. hostname の変更 (省略可)

    # sed -i 's/<CURRENT_HOSTNAME>/<NEW_HOSTNAME>/g' /etc/hosts
    # echo '<NEW_HOSTNAME>' > /etc/hostname
    # reboot
    
  5. 通常ユーザーの sudo の設定

    1. sudo のインストール

      # apt install sudo
      
    2. sudo の初期設定

      # echo '<USERNAME>' 'ALL=(ALL:ALL)' 'NOPASSWD: ALL' > /etc/sudoers.d/<USERNAME>
      # chomd 0440 /etc/sudoers.d/<USERNAME>
      
    3. sudo の動作確認

      # su - <USERNAME> $ sudo env

  6. ログアウト

GUI の設定 (通常ユーザーで作業)

初期設定が終わったので、ここからは通常ユーザーと sudo コマンドで作業する

  1. gnome のインストール

    $ sudo apt install task-gnome-desktop
    $ sudo reboot
    

    (Ubuntu 20.04 の場合は ‘task-gnome-desktop’ ではなく ‘ubuntu-gnome-desktop’ にする)

  2. 日本語入力環境の設定 (省略可)

    1. mozc のインストール

      $ sudo apt install fcitx5-mozc
      

      (Ubuntu 20.04 の場合は ‘fcitx5-mozc’ ではなく ‘fcitx-mozc’ にする)

    2. “Alternate Change Key” を普段使わないキーにする

      Settings -> Keyboard Shortcuts -> “Alternate Characters Key” を選択、 “Right Ctrl” にする

    3. “Switch windows of an application” のショートカットを Off にする (日本語/英語 の入力切替と衝突するため)

      Settings -> Keyboard Shortcuts -> “Switch windows of an application” を選択、 “Backspace” キーでショートカットを Off にする

      検索窓に途中まで入力すると探しやすい

      https://dq1xd0takmkns.cloudfront.net/img/87e6a1679e4a49de0eee371b4a37da97.png
    4. fcitx5 のセットアップ

      1. fcitx5 を起動

      2. fcitx5-configuration を起動

      3. “Input Method” タブで “Available Input Method:” から “mozc” を選択し “Current Input Method” に追加

      4. “Global Options” タブの “Trigger Input Method” で既存の入力切替を削除し、”Alt + `” を追加
        “+” ボタンを押下した後で “Alt + `” とキーをタイプすれば良い
    5. Input Method を fictx5 にする
      “Input Method” を起動し “fcitx5” を選択